足のむくみの原因

足のむくみの原因って何なのでしょう。
それは冷え、運動不足、水分過多、または不足と言われています。

そもそもむくみとは、血液中の水分が血管やリンパ管の外に染み出し、皮下にたまったものを言います。
リンパが詰まると体内の水分排出がスムーズに行われず、水分が溜まっていきむくみの原因になるのです。

■冷えについて

冷えは足むくみの原因の1つです。
身体が冷えると血流が悪くなりますよね。
血流が悪くなるとリンパの流れも悪くなり、老廃物も下半身にたまりがちになります。
足もぱんぱんに腫れてしまいます。

■運動不足の原因

現代人は運動不足と言われています。
意識して一駅分ウォーキングしている女性や男性もいますが、まだまだ意識が薄いようです。
リンパ液は自分では動かず、筋肉の収縮によって流れていきますから、筋肉が不足しているとリンパの流れが悪くなってしまいます。

■水分過多、または不足とは?

必要以上に水分を摂取すると腎臓での処理が間に合わず、代謝が落ちて余分な水分が残ることになります。
逆に水分が不足すると体内の塩分濃度が高くなり、血液が滞ってしまいます。

どちらにしても足のむくみの原因となりますから注意が必要です。

このように原因から足のむくみを見てみると、何が必要でしなければならないことは何なのかが見えてきます。
動いていないなという人は運動を、水を飲んでいないなと思うなら水を常温で飲むようにします。
冷え性の人も気をつけましょう。
常に腰や足首などを冷やさないように気をつけることが足むくみの原因を解消する術です。

サブコンテンツ