足のむくみ 薬1

足のむくみを薬で改善することが出来るようになりました。

これまでは足のむくみに関しては原因とメカニズムを確認、それについて予防やケア方法などを行うことが普通でしたが、どうしても足のむくみが辛い場合、薬に頼ることも出来るようになってきたのです。

ヨーロッパでは西洋ハーブを用いた薬物療法が古くから行われてきました。
そのむくみ対策は、身体の内側、つまりインナーケアで足のむくみを改善する治療薬なのです。

■アンチスタックスとは?

主成分は医薬品として初めて効果が認定された赤ブドウ葉乾燥エキスで、濃縮したポリフェノールが加わり、独自の配合でバランスよく効果的な成分が配合されています。

すでに世界の25カ国で取り扱われており、安全性や信頼性もとても重要なポイントとなっているんですよ。

■弱った血管を内側からケア!

マッサージやストレッチなどの外的対処療法で足のむくみが解消するならそれでも良いのですが、それで解消出来なければアンチスタックスなどの医薬品に頼るのも吉です。

むくみ症状は実は血管が弱っているサインでもあるので、その原因である弱った血管を強くしてあげることが必要になります。
毎晩ケアして眠りについてもまた翌日にはむくんでいる、を繰り返しているなら血管が弱っているサインです。
血管の内側からケア出来るアンチスタックスで足のむくみを解消しましょう。

薬といっても副作用など重篤なものは報告されていませんから、安心して服用することが出来ます。
薬局で取り扱いがありますが、医師の処方が必要なものになるため、外来で一度診てもらったほうが良いでしょう。

サブコンテンツ