自宅で出来るセルフケアむくみ すっきり
着圧ストッキングのやくそく庵
むくみの原因を取り除いてすっきり美脚!

足がむくみやすいから、と諦めている女性も多いようですが、足のむくみやすい人は実際自分がどのような生活をしているか考えたことはありますか。

実は長時間同じ姿勢だったり、冷え性だったりと、意外なところにむくみやすい体質が潜んでいるのです。

足の疲れ 改善

1日の終わりに今日も疲れたと感じる人はいませんか。
そんな人には足の疲れを取るツボをアドバイスしたいと思います。
足の疲れを改善出来るツボで、3分もあれば疲れをすっと取ることが出来ますから心強いですね。

例えば仕事上立ち仕事が多い女性や男性は特に足に疲れを溜め込んでいます。
そのままその疲れを溜め込んでいくと、全身に疲れ、だるさが発生します。
膝にも負担がかかるので、痛みを感じるようにもなるんですよ。

そうなる前に、足のツボを刺激して血流を良くすれば足の疲れも改善されます。

■飛陽(ひよう)

外くるぶしの後ろのくぼみに指先をあて、上にすべらせていく途中、筋肉にぶつかる箇所にあります。
足の疲れ改善と共に体力アップにも繋がるツボです。

■足の三里(あしのさんり)

全身の疲労にも効果的な足のツボは、ひざ下の骨の外側2cmほどのところにあるツボです。
足の疲れはもちろんのこと、全身の疲れを癒してくれるツボとしても有名です。
両手の親指をあて、気持ちよく感じる強さでぐいっと押し込みます。
5分程度繰り返して終了です。

さて、ご紹介したツボを見つけられましたか?
足の疲れを改善するためのアイテムもたくさん販売されていますが、ツボ押しは道具も必要なければ治療費もかかりません。
大変お手軽な足のケア方法ですから、ツボ押しをあなたも寝る前の習慣にしてみませんか。
マッサージをしたりストレッチを習慣にしている人なら、それにプラスツボ押しも加えてみましょう。

また、即効性を感じたいならオフィスでも出来るツボ押しですから、休憩中など疲れたなと思った時に行うとベストです。

足のむくみ対策1

重力の影響で徐々に水分が足に溜まることによって起こる足のむくみ。
筋力をアップし、血液が心臓まで戻る力をサポートすることが大切です。
むくみの基となっている水分のたまりにくい足になることがまずは目的でしょう。

■筋力アップ

足の水分を押し上げる力を持っているのがふくらはぎです。
この筋力が強ければ、筋肉のポンプ機能が正常に働き、足に水分が貯まりにくくなります。
対策として毎日ふくらはぎの筋トレをすることも必要です。

■ストッキング、ソックスの特徴

筋力がない人は、サポートタイプのストッキングやソックスを履くとむくみの対策になります。
その為、足先からふくらはぎに向かって圧力で押し上げるような機能を持ったストッキングなどがおすすめです。

■むくみ対策のサプリメントを摂取する

血管からにじみ出た水分が皮下に溜まってしまう場合、むくみ対策としては利尿作用や身体のめぐりをよくするサプリメントを服用するのもポイントです。
リーズナブルかつ効果のあるものをインターネットのレビューなどで見つけてみましょう。

■ストッキングをはいて美脚演出

近頃素足で外出する人も多いのですが、やはり美脚に見せるためにはストッキングがオススメです。
こちらも弾性ストッキングなど、圧力が適度にかかるストッキングを履くと、足のむくみが楽になります。

むくみの症状をそのままにしておくと、その上に脂肪がついたりして太くなるなどの現象が起こるようです。
そうなってから脂肪を落とすのは大変ですから、出来る限り早め早めの対策を心がけましょう。

足のむくみ対策

足のむくみ対策をあなたはしっかり行っていますか。
運動不足やダイエットによって筋肉が弱るとポンプ作用が悪くなり、足の血液が心臓に戻るのが困難になります。
もともと女性は男性より筋肉量が少ないため、どうしても筋肉ポンプの役割をするふくらはぎが発達していないことがあります。

対策としては足のふくらはぎのマッサージや適度に足を締め付ける弾性ストッキングの着用などで効果を感じることが出来ます。

■ふくらはぎの筋肉を鍛える

一番重要な足のむくみ対策はふくらはぎを鍛えることです。
普段の生活の中でふくらはぎを鍛えるようにして、足のむくみ対策をしましょう。

まず、ウォーキングをしてみましょう。
筋トレと言っても、ジムでトレーニングする必要はないんですよ。
積極的に普段の生活で歩くことを取り入れると良いでしょう。
スーパーまでまずは歩いて行く、散歩を日常的に取り入れるなど、キビキビしっかり歩くことが大切です。

■サプリメントで防止を

またサプリメントを用いて足のむくみ対策をすることが出来ます。
多くの女性誌が足のむくみ対策のためのサプリメントを紹介していますし、実際インターネットでも豊富なアイテムが販売されています。
それらを摂取すると利尿作用が高まったり、足のむくみに効果的な働きをしてくれます。

ウォーキングもなかなか出来ないわ、という方はサプリメントを併用しても良いでしょう。
ウォーキングとサプリメントなどで足のむくみ対策をしっかり行いましょう。

足のむくみ解消法

ぱんぱんになった足を見ていると、なんで足はむくむんだろう。
足のむくみは太っているということなの?
という疑問が湧いてきますよね。
しかし体重には変化はなし。
一体どういうことなのか、足のむくみに疑問を持つ女性は少なくないのです。

すらっとして美しい足を手に入れるのは女性の願望の1つです。
憧れ美脚を手に入れたいなら足痩せと足のむくみとりの違いを正しく知り、足のむくみ解消法を行うことが大切です。

■リンパや血液、水分が溜まっている状態

むくみとはリンパ液、血液や余分な水分が下半身にたまっているために足がぱんぱんに膨らむ現象です。
部位太りとは完全に構造が異なりますから、対処法も違うんですよ。
むくみをとる、改善するためには適切な処置や対策が必要です。

■サプリメントやグッズで解消しよう

続けやすいと人気なのが足のむくみ解消法としてあげられるサプリメントの摂取です。
手軽で、会社にもピルケースに入れて持っていけ、いつでも飲むことが出来ます。

使い方はそれぞれのサプリメントにもよりますが好きなタイミングで飲むだけという手軽さです。

下半身痩せに悩んでいるなら、レッグスリムというアイテムがあります。
実は女性の体は上半身の6倍も下半身が太りやすく出来ているんですよ。
下半身痩せはダイエットの中では難しいところなのです。
ただ脂肪がついているだけではなく、むくみもあるからよっぽど厄介なんですね。

このようにサプリメントやアイテムによって使い方や飲み方など違いはありますが、下半身に対してアプローチすることが出来ます。
手軽に始められるのはサプリメントでしょう。
1粒や2粒1日に飲むだけですらっとした足が手にはいるなら、とても簡単で優れていると思われます。

あなたも足のむくみ解消法を見つけて、いつでも魅せられる足にしておきましょう。

足のむくみ解消

足のむくみを解消するためにはポイントとして冷やさないこと、老廃物を溜め込まないことがあげられます。

冷やさないというのは誰でも分かると思いますが、冷えは血流を悪くします。
その結果足にたまった血液、水分が循環しなくなり、足のむくみに繋がるんですよ。

夏場のエアコンも要注意です。
冷気は部屋の下部分に溜まりますから、思っている以上に冷えに繋がるのです。
仕事でデスクワークが多い人は冷風が直接当たらないようにケアすることが大切です。
厚めの靴下、ストールやストッキングなど、色々な防寒アイテムがありますから試してみると良いでしょう。

■老廃物を溜め込まない

老廃物を溜め込まないという点についても同じことが言えますが、血流やリンパ液の流れをスムーズに保つことが冷え解消の第一歩です。
姿勢や生活習慣で冷え性に繋がることをやめて、座ったままでも常に足首を回す、つま先を伸ばすなどの運動やストレッチを取り入れるようにしましょう。

足のむくみは重力に逆らえなくなった水分や老廃物が余分にたまったせいで起こります。
ですから筋力をつけ、ふくらはぎのポンプ機能で押し上げることも大切です。
そのためにも男性より筋肉量が少ない女性は筋トレで鍛えることも効果的です。
またふくらはぎを温めることにより足先の冷えが解消され、むくみも改善されると言われています。

足のむくみ防止には充分水分を摂り、利尿作用を高めて老廃物を排出、そんな身体作りをしておかねばならないということなのでしょう。

足のむくみの原因

足のむくみの原因って何なのでしょう。
それは冷え、運動不足、水分過多、または不足と言われています。

そもそもむくみとは、血液中の水分が血管やリンパ管の外に染み出し、皮下にたまったものを言います。
リンパが詰まると体内の水分排出がスムーズに行われず、水分が溜まっていきむくみの原因になるのです。

■冷えについて

冷えは足むくみの原因の1つです。
身体が冷えると血流が悪くなりますよね。
血流が悪くなるとリンパの流れも悪くなり、老廃物も下半身にたまりがちになります。
足もぱんぱんに腫れてしまいます。

■運動不足の原因

現代人は運動不足と言われています。
意識して一駅分ウォーキングしている女性や男性もいますが、まだまだ意識が薄いようです。
リンパ液は自分では動かず、筋肉の収縮によって流れていきますから、筋肉が不足しているとリンパの流れが悪くなってしまいます。

■水分過多、または不足とは?

必要以上に水分を摂取すると腎臓での処理が間に合わず、代謝が落ちて余分な水分が残ることになります。
逆に水分が不足すると体内の塩分濃度が高くなり、血液が滞ってしまいます。

どちらにしても足のむくみの原因となりますから注意が必要です。

このように原因から足のむくみを見てみると、何が必要でしなければならないことは何なのかが見えてきます。
動いていないなという人は運動を、水を飲んでいないなと思うなら水を常温で飲むようにします。
冷え性の人も気をつけましょう。
常に腰や足首などを冷やさないように気をつけることが足むくみの原因を解消する術です。

足のむくみについて

むくみは身体のあちこちで起こっています。
しかし特に注目したいのは足ですね。
むくみがあるけれど、諦めかけていませんか。
今日もむくんでるな、と思ってそのまま就寝してしまっていませんか。
むくみの大半は改善することが可能ですからしっかり覚えておきましょう。

水分、塩分、アルコールの摂り過ぎ、身体を圧迫しすぎている、疲労や血行不良によってもむくみは発症します。
むくんだ日はどうしてむくんだのかを考えると答えも自然と導き出されてくるのです。

■足のむくみのケース

足にむくみを生じている場合、次のようなことが考えられます。
長時間同じ姿勢でいた、立ちっぱなし、座りっぱなし。
ヒールの高い靴を長時間履き続けていた。

このようなポイントに標準を合わせると、自分の私生活も徐々に分かってきますよね。
さらにサプリメントの摂り過ぎや栄養不足など、ありとあらゆる場所にむくみが起こるケースもあります。

足のむくみはマッサージやストレッチで改善することが出来ます。
仕事帰り、朝履いてきたブーツが履けなくなっていたり、靴下の痕がくっきり残っている場合は、むくみの対処法を見つけることが大切です。
ウォーキング、ジョギング、水泳などを生活に取り入れる、ことは簡単ではありませんが、一駅分歩くだけならすぐに取り入れられますね。

またむくみは放っておくと慢性化しますから、その前に改善することが大切です。
すらりとした美しい足を守るためには就寝前の塩分や水の摂り過ぎにも注意したいものです。

足のむくみとり

足のむくみとりは簡単なようで難しい。
なかなかチャレンジしてみるけれど、続かないという人が多いようです。

しかしデスクワークが多く、一日中座りっぱなしで生活している内勤女子は足のむくみに相当悩んでいるはずです。
夕方にもなると痛みまで出てくることもあるようですね。

そんな方に足のむくみとりが簡単に出来る方法をご紹介しましょうね。

■仰向け足上げ

仰向けに寝て、壁にお尻をつけ、床と垂直になるようにして、足を上げます。
足をまっすぐ伸ばした状態でゆっくり閉じたり開いたりします。
スマートフォンで遊びながらでも出来る体操です。

■棒マッサージ

ラップの芯などが適切です。
膝裏のくぼんだ部分に棒をあて、ふくらはぎから太ももにかけて老廃物を下から上へ引き上げるようなイメージでマッサージします。
ちょっとした時間に行うと効果的ですよ。

■両手両脚ぶらぶら

寝る前にはこの体操を行いましょう。
仰向けに寝て、両手と両脚をあげて、ぶらぶらと動かします。
筋肉はさほど必要ありません。
簡単ですが、この方法はかなり効果がありますから、寝る前の習慣にしてみましょう。
翌日の足の軽さが実証してくれますよ。

このように足のむくみとりはセルフで出来るものがたくさんあります。
またむくみとりアイテムも豊富に販売されていますので、そのようなグッズを使ってのむくみとりも良いですね。
出来れば職場でも応用の効くアイテムを揃えたいものです。
足裏マッサージなどのアイテムはデスクワークをしながらでも行えますから、まずはそこから準備していきましょう。

足のむくみグッズ

女性は日常的に下半身を締め付けていることが多いようです。
靴下、ストッキングなど、これらは実は足を締め付け、血行を悪くしていることもあるんですよ。
靴下を脱いだ後、ゴム痕がくっきりついていませんか。
そのゴム痕は足のむくみの証拠なんですよ。

一般的に販売されているストッキングやソックスは足を締め付ける作用が強いものが多いです。
足むくみになってしまう可能性が高いと言えるんですよね。
足むくみを解消するためには足への圧力が抑えられたストッキングや靴下を選ぶことが大切です。

■スリムウォーク

こちらはレッグウォーマーの長いヴァージョンのようなものです。
フィットする足の場所によって加えられる圧力が異なるのが特徴です。
圧力に差をつけ、静脈の血流を押し戻してくれる作用があります。

■足裏リフレッシャー

こちらは仕事中に足元に置いておくと便利なアイテムです。
足の半分くらいの大きさに、3つのローラーがついています。
足裏を置くことによりツボを刺激、足をほぐしてくれます。

■ヘルスフットボード

足の絵柄にツボの箇所が記載されたもので、そこに突起物のあるグッズです。
足を乗せ、足のツボを刺激するアイテムです。
血行を良くしたり、足むくみ解消のために役立つツボがたくさんありますから、同時にケア出来ます。

その他にも色々な足むくみ解消のグッズがありますが、用途によって使い分けると良いでしょう。
足のむくみは個人差がありますが、夕方にはプラス5cmなんて人もいますから、あなどらずにしっかりケアしてあげましょう。

足のむくみ 薬1

足のむくみを薬で改善することが出来るようになりました。

これまでは足のむくみに関しては原因とメカニズムを確認、それについて予防やケア方法などを行うことが普通でしたが、どうしても足のむくみが辛い場合、薬に頼ることも出来るようになってきたのです。

ヨーロッパでは西洋ハーブを用いた薬物療法が古くから行われてきました。
そのむくみ対策は、身体の内側、つまりインナーケアで足のむくみを改善する治療薬なのです。

■アンチスタックスとは?

主成分は医薬品として初めて効果が認定された赤ブドウ葉乾燥エキスで、濃縮したポリフェノールが加わり、独自の配合でバランスよく効果的な成分が配合されています。

すでに世界の25カ国で取り扱われており、安全性や信頼性もとても重要なポイントとなっているんですよ。

■弱った血管を内側からケア!

マッサージやストレッチなどの外的対処療法で足のむくみが解消するならそれでも良いのですが、それで解消出来なければアンチスタックスなどの医薬品に頼るのも吉です。

むくみ症状は実は血管が弱っているサインでもあるので、その原因である弱った血管を強くしてあげることが必要になります。
毎晩ケアして眠りについてもまた翌日にはむくんでいる、を繰り返しているなら血管が弱っているサインです。
血管の内側からケア出来るアンチスタックスで足のむくみを解消しましょう。

薬といっても副作用など重篤なものは報告されていませんから、安心して服用することが出来ます。
薬局で取り扱いがありますが、医師の処方が必要なものになるため、外来で一度診てもらったほうが良いでしょう。